地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

子供に荷物を持たせるのはダメなのか?!

見知らぬおばちゃん

ある日の駅にての出来事。

ヨネキチはいつものごとく
会社に行くために電車を降りて
エスカレーターに乗っていたんだけど

f:id:yonekichism:20170103175505j:plain

少し手前に小学2年生くらいかな?
男の子とお母さんが一緒に乗っていて

お母さんが、子供に自分の上着を持たせようとしていたら
それが前に立っていた年配の女性に当たるのが見えました。

結構よくある光景だよね。
こんだけ人口密集してるんだもん。
そりゃ、荷物くらいぶつかるよ。

お母さんが即座に謝るのが聞こえたんだけど
それに対する、女性の返答。

「そんなの、子供に荷物持たせようとするお母さんが悪いわよ。ねぇ?」







思わず目がテン…

かわいい子には自分の荷物を持たせよう

そんな返しが来ると思っていない、お母さん。
完全に固まってました。

そりゃそうだよね。
普通に、「大丈夫ですよ」とか期待するよね。
「気をつけてよ」でも、気分はよくないけどまだ想定内。

いやいやいやいやいやいやいやいや。
ちょっとまて、おばば。

男の子、小学生だよ?
ピンピンしてるように見えますが?
自分の上着持たせちゃいかんのかい?

しかも「ねぇ?」って、男の子に同意求めるなや。
親子の仲断絶させる気か?

ヨネキチの角度からはお母さんの表情は見えなかったけど
でもそのあと、男の子が自分の上着と荷物を
何も言わずにお母さんの手から取ったのが印象的で。

そこで、
「ほれみろ、母さん。俺に荷物持たせるなよ」
とか言わないところに、
きっとちゃんと子育て出来てるんだろな

なんて勝手に思ったり。

人の考え方はいろいろなれど

言葉って大事だよね。

プロポーズの言葉。
いじめの言葉。
子供の初めての言葉。

伝え方も、とらえ方も千差万別で
だから難しくも面白いんだろうけど

とりあえずさ、
ちょっと荷物が当たったくらいで
とっさに出る言葉が

非難の言葉ではなく
相手を思いやれる言葉であるような

心の余裕はもちたいのである。

ただし!

これがわざとだったり
むちゃくちゃ痛かったり
謝らなかったりするようなモンペだったら

どうぞ、どうぞ。
文句言い倒してください。
言い負かしちゃってください。

ヨネキチはチキンだから
文句言えないで心の中でブチブチいうけど。

とりあえず、
あのエスカレーターであったおばばが
子供にまったく荷物を持たせないような
甘やかせまくった子育てをしてきたなら

今、自分の子育ての結果に
がっつり苦労してるんではなかろうか?

というか、苦労していてほしい。
因果応報と勧善懲悪を信じたいw!

ま、とりあえず、
おばばには豆腐の角を進呈するから
出直してこい!

なんて思ってみたりした
通勤時時の一コマでした。