地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

食物アレルギーと旅行 ~真冬のハワイ③ 子供が楽しいハワイ観光名所~

オアフ島の観光名所

ハワイ編も今回で4記事目。

今回は、我が家の年長の娘にヒットだった
観光名所をトップ3形式でお伝えします。

1位: Dole Plantation

ワイキキから車で40分くらいの場所にある
果物で有名なドール社の観光名所です。

パイナップル畑に囲まれた
可愛い黄色いお土産屋さんが目印。



f:id:yonekichism:20170126234307j:plain



というか、この施設以外は周りに
あまり何もないので一目瞭然です。

アトラクションとしては、園内を走るエクスプレス電車、
ガーデンツアー、巨大迷路などがあるんだけど
我が家の娘はあまり植物には興味がないので、
今回は巨大迷路を体験してきました。



f:id:yonekichism:20170126234325j:plain



迷路の入園料は
大人7ドル、子供4ドル。

売り場のおばちゃんが間違えて
子供をカウントしなかったのを指摘したら
いいよ、いいよ、ってタダで通してくれました。

なんて適当なw。

迷路の中に設置されている6か所のポイントから
あるものを集めるのが目的になります。

閉じ込められる感覚が大嫌いなヨネキチ。
入る前はちょっと不安だったけど、
思ったより簡単に抜け道や非常出口を見つけられるので
途中リタイアも簡単そうです。

実際に、旦那は日差しにやられて先にリタイアしたので、
具合が悪くなったら中央に置いてあるベンチで休むか
いったん外に出てアイスでも食べるが賢明かと。

無理して倒れても楽しくないもんね。

6歳の娘と二人でキャーキャー言いながら
あっちでもない、こっちでもない、
とグルグルするのは楽しかったです。

娘もものすごく楽しかったみたいで、
おじいちゃんとおばあちゃんに、
武勇伝を聞かせていました。

ここでの注意点は3点


飲み物はプランテーションに着く前に買うべし。
ヨネキチは、水一本$2.75をで買う羽目になりました(´;ω;`)。


迷路で遊ぶ際は熱中症対策を。
1月でも日差しが強くて、熱中症になりそうだったので
帽子をかぶって、こまめにお水を飲みましょう。


食物アレルギー対応食はないので、
アレルギーがある人はマイフードを持参しよう。

グルテン(小麦)がダメなヨネキチのオプションは
アイスクリームか、フルーツだけでした。

世界最大の巨大迷路の世界で
歩いて、迷って、笑って

夜はぐっすり眠れること間違いなしです。


2位:Hanauma Bay

ワイキキから30分ほどの距離になる海洋公園。
シュノーケリングスポットしても有名です。

保護地区になっているため、
きれいな水とたくさんのお魚と泳げる
大人気な名所みたいだね。

7時前の入園で入園無料になるから
がんばって早くに起きて出発したのに
到着したのが7時5分…

緩いハワイだから無料にしてくれないかな…
なんて淡い期待はあっさり砕かれ
大人一人$7.50払いました。

ちなみに12歳以下はただです。

短いオリエンテーションを終えて、
早速ビーチまでの坂を下ります。
行きはよいよい。

さすがに朝早いだけあって、
人で混み合って大変ということはなかったけど
すでに潜ってる人、本を読んでくつろいでいる人。
ちらほらいました。

ビーチにゴザ引いて
親子三人、海を眺めながら朝ごはん。

お天道様が美しい。

ビーチに降りてしまうと売店はないので要注意。
行きはよいよいだけど、帰りの坂道、きついよ。

日がもう少し昇って暖かくなってきたところで
娘っ子と旦那が泳ぎに行きました。

ワイキキビーチでも毎日泳いでいたけど
ここは水が段違いにきれいで
お魚やサンゴがいっぱい見えます。
と娘が言っておりました。

ヨネキチは水が怖いのでビーチから眺めてるだけだす。
足はぴちゃぴちゃしたけどね。

娘は間近にお魚がいたのが衝撃だったらしく
目をぺかぺかさせて報告してくれました。

ここでの注意点


行くなら早めの時間に。
後になればなるほど混んできます。


食べ物持参がよろし。
売店にはいかなかったけど、
たぶん高いよ。偏見だけど。
(あんまりレビューになってないw)


小さい子がいるなら
帰りはシャトルバスで
坂の上まで送ってもらうがよろし。

坂の途中でぐずっても、
ヒッチハイクできないからね。


普段触れることのない自然の神秘。
ぜひぜひ、ご堪能ください。



f:id:yonekichism:20170126234622j:plain


3位: Waikiki Beach

言わずと知れた、ホノルルのワイキキビーチ。
ホテルから歩いて30秒だったので
一日一回は遊びに行って泳いでました。

人も多いし、水も透き通ってるわけじゃないし
魚もいるわけじゃないけど。

それでもビーチマジックは健在で
娘っ子は毎日毎日ビーチ行こうとせがんできました。

普段ビーチなんて近くにないもんね。
そりゃ楽しいよね。

真っ黒になって、たくましくなって
お腹がすくまで遊んで。

水が怖いヨネキチも
せっかくハワイに来たということで
出発の前日は海に入りました。

母、がんばった。

そしたら、その夜娘っ子が



「ママが海で一緒に遊んでくれてうれし~」



って泣きながら感謝してくれましたw。


出不精で、アレルギーがいっぱいあって、
めんどくさがりで、病気をしがちなヨネキチ。

行動の一つ一つに希少価値が付加されて、
旦那が何気なくしていることでも
ヨネキチがすると激しく感動してくれます。

もう少し、ヨネキチも頑張らないとね(苦笑)

何はともあれ、ワイキキビーチでの注意点。

① 帽子、日焼け止め、水分補給。

以上! 国内ビーチに行く時と同じ要領だよ。



f:id:yonekichism:20170126234656j:plain


まとめ

今回の旅行では、
そんなにたくさんの場所には行けなかったけど
とりあえず上記3位は娘の中で大ヒット!

大きくなってどれくらい覚えてくれているかはわからないけど
楽しい感情だけでもとどまってくれたらいいな。

年始の喧噪も少し落ち着いた感じで
気候も寒すぎず暑すぎず。
雨も一回も降らなかったし
年始後のハワイ旅行は結構おすすめです。

というわけで、1月のハワイ旅行記でした。