yonekichism

グルテンフリーを開拓する盛り合わせブログ

集団の中の「孤独」は一人で感じる「孤独」よりも数倍つらいから

先日会社で仲のいい友達の結婚式に参列してきました。

無事にお祝いをして帰ってきましたが、人の集まる場所で感じる「虚無感」や「孤独感」には毎回毎回悩まされます。

f:id:yonekichism:20170129173240j:plain

集団の中で感じる孤独は一人の孤独よりつらい

私は人と付き合うのが苦手です。

理由をつけては一人で行動する、自他ともに認めるB型マイペースな性格です。

一方で寂しがり屋でもある面倒くさい性格だったりもします。

一人はさみしいけれど、他人といるのは苦痛。

自分から距離をとっているのに、誰にも相手にされないつまらない人間みたいに思えて、一人でいる自分がみじめに感じる時もあります。

それでも自分で選んだ「孤独」というのは、集団の中で感じる「孤独」よりましです。

一人で黙っていれば、自分の挙動不審な言動の失敗に後で悶えなくて済みます。

生きづらさは何歳になっても付きまといますが、年を取るにつれて自分に一番合った処世術が身についていくような気がします。

自分で作り出している逆境

今回の結婚式でも普通に話しかけてくれる人は沢山いましたが、一度人の輪の中に入り損ねるとそこに割って入っていく勇気も気力も、あいにく持ち合わせがありません。

席次の決まっている披露宴だったらまだましですが、フリースタイルの二次会になると途端にどこに属せばいいのか途方に暮れてしまいます。

今回は友達の結婚式なので頑張って参加しましたが、忘年会や新年会は転職3年目ですが毎年不参加です。

色々会社で言われてる気もしますが、そこは何気に気にならないので、自分でも不思議な性格だと思います。

いじめられているわけでもなく、逆に周りの人にはすごく恵まれていると思います。

それでも集団は苦手なので、大人数のイベントは全力で避けています。

まとめ


がんばってでも参加すべきもの、参加したいもの、がんばらずに回避するもの。

自分のメンタルを保つためにも、見極めは大事だと思います。

忘年会や親睦会、子供の行事や、友達とのお出かけ。

どこまでなら楽しめるのか、許容できるのか、また、どこからはつらいのか。

仕事の一環としてどうしても我慢しなければいけない時もありますが、それ以外は出来るだけ頑張らないようにしています。

一人でいることを怖がらないこと。

これから小学生になる娘にもしっかり伝えていきたいと思います。