地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

セリアック人生だぞ ① ~診断されてグルテンフリーになるまで~

最近日本でもグルテンフリーが
少しずつ認知され始めている気がします。

小麦が食べられない自分としてはうれしい限り。

いまだにそんなに認知度は高くないけれど
ヨネキチはセリアックという病気です。

セリアック病

セリアック病またはシリアック病(coeliac disease または celiac disease)は、
小麦・大麦・ライ麦などに含まれるタンパク質の一種である
グルテンに対する免疫反応が引き金になって起こる自己免疫疾患である。


Wikipediaより引用


グルテンが含まれているもので
一番なじみの深いものは小麦ですよね。

小麦が使われているもの。

パン、パスタ、うどん、てんぷら。
ケーキ、クッキー、パイ。
etc, etc...

f:id:yonekichism:20170202192750j:plain

あまり広くは知られていないけれど
醤油にも実は小麦は使われています。

味噌も、ものによっては小麦が入っています。

つまり、うまいもんには
ほとんどグルテンが入っていると。

市販のもので小麦が入っていないものを
見つけるのが難しいくらい
グルテンはいたるところに使われています。

診断までの経緯

海外に長年住んでいたヨネキチ。

アメリカには会社から指定される
健康診断のようなものはありません。

ヨネキチがセリアックを指摘されたのは
妊娠中の定期検診と、
出産後は自分で毎年行っていた
1年に一回の定期健診でした。

日本よりセリアックの
認知度も罹患率も高いアメリカ。

血液検査の結果を見た医師から
セリアックだろうとのこと。

100%確定するためには
内視鏡をする必要もあるらしいんだけどね。

ただ血液検査に毎回数値として現れるため
改めて内視鏡の検査をするまでもなかったみたい。

グルテン摂取に
ドクターストップがかかりました。

グルテンフリーダイエットにたどり着くまで

診察に行くたびに指摘されていたセリアック。
でも、ヨネキチは小麦ラブでした。

ごはんよりパンがすき。
クッキーも、ケーキも、パスタも全部大好物。

それを全部いきなりやめるなんて断固拒否。
現実逃避をしてずっと食べ続けていました。

はっきり言ってグルテンフリーにする気なんて
さらさらなかったです。

だって、パンおいしいじゃん。
ケーキ幸せじゃん。

全部あきらめるのなんていやだすよ。
診断されてから、2年くらいはスルーしていたかな?

それでも最終的にグルテンをあきらめたのは
友達から言われた言葉がきっかけでした。

その子からはグルテンフリーにしろと
さんざん忠告を受けていたんだけど

ある日目の前でパンを食べていたら
肩をつかまれガクガク揺らされながら



「あんたはセリアックなんだからパン食うなー!」









漫画の一コマか?!


ってな感じだけどw、確かにおっしゃることはわかる。

無視できないほど常に体調も悪かったし。
しゃーない、いっちょ頑張ってみますか。

ついにヨネキチも観念です。

その日を境にヨネキチの
グルテンフリーライフが始まりました。

続くよ。
多分。