地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

セリアック人生だぞ ② ~グルテンが含まれている意外な物~

さて、前回の記事で
グルテンフリーになるまでの
グダグダ感を書きました。

yonekichism.hatenablog.com


今回は、グルテンフリー食を始めて知った
身近なグルテンのお話です。

身近にあるグルテンとは

一番身近なグルテンは小麦ですよね。
小麦と言ってまず思いつくのはパン。

パン屋さんにあるものはすべてNGです。
鬼門です。

一般のパスタもすべて小麦です。
イタリアンもほぼ全滅。

蕎麦屋さん、うどん屋さんもアウト。
うどんは小麦なり。

そばも10割そば以外は小麦がつなぎで入っています。
そばをクリアしても、つゆに小麦が入っているので
どっちみち外食でのそばはNG。

そうめん、ラーメン、アウトです。

日本人大好き粉もの。
お好み焼き、たこ焼き、もんじゃ焼き。
おいしいですよね。
はい、食べられません。

お菓子も、スナック菓子は90%くらいは
小麦を使用してると思います。
根拠のない感覚値になりますがw。

おせんべいもしかり。
醤油に小麦が入っているので
塩味以外のおせんべいはほぼほぼアウト。

そして盲点は飲み物。

ビールはもちろんアウトです。
小麦で作っているから。

麦茶やハト麦は微妙なところ。。
明確にグルテンフリーかわからないので
自分は避けています。

グルテンは、何気にハードル高いです。

食べられるもの

グルテンフリー食を始め
食べられないものの多さを知って
かなりショックでした。

特に自分は、ダイエットのために
好きで始めた食事制限ではなく
セリアックという病気のせいで
余儀なくされた制限だったので。

それでは何が食べられるのか。

グルテンフリーになって
5年くらいたちますが、自宅で作る限り、
ほぼほぼすべてのものが代替品で
何とか賄えるようになりました。

パンは米粉パンで代用。
触感はモチモチしているので
パンのしっとりふわふわとは違うけれど
それでも米粉パン独特のおいしさがあります。

面倒くさいけど
パン焼き器があれば自宅でも作れます。

ぐーたらな自分にはハードルが高かったので
ふるさと納税でどっさりもらって
冷凍庫に貯蔵しています。

f:id:yonekichism:20170204090506j:plain

うどん、そうめん、らーめんは
米粉で作った代用品がありますが
べらぼうに高いのであきらめています。
普通の3~4倍くらいの値段かな?

その代わり、そばは普通のお店で
10割そばが売っているので
手作りつゆで普通に食べられます。

パスタも割高になるけれど
米粉パスタ、コーンパスタ、玄米パスタ。
ネットや自然食系のお店でいろいろ売っています。

クッキー、ケーキ、パイ。
自分で作れば米粉で代用できます。
普通に結構おいしい。

買えるスナック菓子は限られてしまうけれど
ポテチとかは買えます。
おせんべいも塩味ならグルフリです。

飲み物もジュースは大体OK。
そば茶、ルイボス茶とかもセーフ。
カフェインが平気なら緑茶もセーフ。
お酒も、米由来なのでセーフ。

食べられるものがなくて飢える
ということはないです。

まとめ

とどのつまり、
お金をかけるか手間をかければ
結構普通の食事ができます。

逆に外食やお惣菜の出番が少なくなるので
健康的にはなるかも。

今まで食べられたおいしいものが
いきなり食べられなくなるのは
結構きついものがあります。

味を知ってしまっているだけに。

それでも、グルテンフリーになってから
体調は劇的に改善されたので
やっただけの価値はあると思います。

セリアックは根幹治療法のない病気です。
一生グルテンフリーの食事制限が付きまといます。

それでも対処法、改善法が明確な病気です。

もし原因不明の腹痛や、
体調不良に悩まされているようであれば
食物アレルギー、不耐性、セリアック等を
疑ってみるのも一案かもしれません。

注:醤油にグルテンが含まれないという説もありますが
現状は全面的に避けています。もう少し調べて平気そうだったら
徐々に解禁するかもしれません。そのときはご報告します。