yonekichism

グルテンフリーを開拓する盛り合わせブログ

会社のお弁当女子を分析してカースト制度化 | リア充からアニオタまで

会社の食堂で女子トークに花を咲かせている女子力満開のお弁当女子さんたち。

緑黄野菜ふんだん、お米は玄米。

お弁当は小っちゃいミニサイズでカロリー計算と健康管理もばっちり。

でも、惑わされてはだめです。

弁当女子といっても、ピンキリ。

弁当持ってる女性であれば誰でも自動的に弁当女子になるのです。
(「女子」の適用年齢はスルーでお願いします。)

以下、私の偏見と独断による、ヴェントウ女子のカースト制度の内訳です。

f:id:yonekichism:20170218214533j:plain

カースト上位弁当女子

食堂で同僚と一緒に食べている女子の方々がこのカテゴリーに入ります。

一番キラキラしています。

一緒に食べている同僚の中に独身男性が含まれる場合は、上位の中でもトップクラス。

きっとお弁当は、かわいいバランで仕切られていることでしょう。

そして、ごはんとおかずが混ざらないよう、二段に分かれたお弁当箱を使っているはずです。

ハイヒールとスカート率は高く、Facebookフレンド数は最低100人はいるとみました。

カースト中位弁当女子

天気のいい日は外のベンチで仲のいい子とお弁当ランチ。

女子力がにじみ出ています。

仲いい同士のお弁当であればバランの仕切りがなかろうが、おかずの数が少なかろうが、あまり気になりません。

外の風に吹かれてたなびく髪が女子力の高さを物語っています。

お弁当女子カースト最下層の住人

デスクで食べている率90%。

残りの10%は外のベンチで一人ランチ。

マストの条件は「一人で食べていること」。

忙しくてデスクで食べる、仕事出来る系の女子はこの層から除外されます。

仕事女子と純最下層弁当女子との決定的な違いは

蓋を堂々と開けているかどうか

になります。

最下層の女子は外にランチを食べに行くよりも、残り物を弁当に詰めてデスクで食べたほうが好きなアニメやドラマが見られるので、あえてお弁当を持ってきています。

でも自分のお弁当が貧相なのも自覚しているので、他の人に見られないように一口食べるごとに蓋をして中身をひた隠しにします。

そして、食べ終わった瞬間に蓋を横において地味に「お弁当持ってきたのよ」アピールします。

まとめ

お弁当女子と一言でいっても奥は深いので、是非次のランチの時間に周りを観察してみてください。

ちなみに、当記事は私の偏見と独断によって書かれています。

何の根拠もなく、実在の人物に当てはまる場合も、いずれの層のお弁当女子を批判するものではありませんのでご了承ください。

f:id:yonekichism:20170218194854j:plain
↑ウィンナー、ゆで卵、ゴマ豆腐

f:id:yonekichism:20170218194739j:plain
↑鮭汁丼

f:id:yonekichism:20170218194758j:plain
↑鮭とサツマイモのおかずが混ざった状態

f:id:yonekichism:20170218194815j:plain
↑鍋の残りの白菜

f:id:yonekichism:20170218194833j:plain
↑鮭とふりかけ