地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

寝ない子供の生活習慣を劇的に改善してくれた一冊の本

いよいよ卒業・卒園シーズン到来です。

我が家の娘っ子もいよいよ今月卒園式、
来月からランドセル背負って小学校に通います。

だけど ここでちょっと困った問題が。

「うちの子は寝るのが遅くて…」

と今まで半ば子供のせいにして
ずっと諦めモードだった娘っ子の就寝時間。

小学校に入ったら、保育園みたいに

「ちょっと寝過ごしちゃったけどまいっか~」

が通用しなくなる!

やばし…

というわけで、生活リズムに
リストラのメスを入れることにしました。

今までの生活パターン

10時に布団に入っていれば早いほう。

そこからぐずぐずして眠りにつくのは
11時過ぎとかざらでした。

そのせいで朝は起きられないし機嫌は悪いし、

寝かすのも起こすのも
も~も~毎日大変でした。

ある本との出会い

娘っ子が家にいる時間は
結構ダラダラとテレビを見させていました。

あんまり見ちゃだめだよーとかいうだけで
特に何もルールを設定していなかったんですよね。

子供がテレビを見ている間は
こちらも家事がはかどるし。

という大人都合も大いにありました。


猛反省…

そんな時に出会ったのが

「脳がさえる15の習慣」

という本でした。


目から鱗!


とはいかなかったけどw

知っているけど軽視していたものの大事さを
再認識させてくれました。

それが先月の話です。

ルールを決める


やったことは3つ。

  • テレビは一日一時間まで
  • やることを書き出す
  • 出来たらシールをあげる


以上!

これ以上ないくらいシンプル。
なので、娘っ子も覚えられます。

ホワイトボードを活用

ホワイトボードを買ったので
娘と一緒にやることを毎日書き出します。

「一緒に」のところがポイント。

本人が納得して作るリストのほうが
効果絶大です。

例えば

夜8:30までにベッドに入るというルールを決める

そのためのリストを作る

タスクができたらチェックをする

シールがもらえてハッピー

こんな単純なことなのに
リストをチェックするのが楽しいらしく
率先してリスト作りに参加してくれます。

ちなみに、もちろん大人にも有効です。

f:id:yonekichism:20170303234224j:plain

テレビ時間を制限する

だらだらとテレビを見せていたせいで
必然的に寝る時間が遅くなっていましたが

タブレットにタイマーをセットして
一時間後アラームが鳴ったら終了~

というルールをつくりました。

以前だったら在宅時には
ほぼずっとテレビを見ていた娘も

今はテレビを見る代わりに
迷路ブックをしたりパズルをしたり、
点つなぎで遊んだりしてます。

私がやっているペン習字にも興味があるみたいなので
課題を一緒にやったりしています。

テレビに集中しすぎて親の声が聞こえていなかったのも
雑音が消えたお陰で聞き分けが良くなりました。

それでも

早く食べなさい、支度しなさい等は

毎日ガミガミ言ってますがw。

まとめ

子供の寝起きがよくなるだけで
一日のストレス度がだいぶ減って
自分のために使える時間が増えました。

ビバ、脳みそ科学

この本に出会ったおかげで
いろいろはかどっています。

でも、ここまで引っ張っておいてなんですが

結局アプリにしろ本にしろ
便利なツールをどう使うかはその人次第。

もちろんこの本はお勧めだと思うけど
ぶっちゃけ、どんな本でもいいと思うんですw。

本との相性もあるしね。

なので、もしだらだらな毎日を抜け出したいとか
子供の寝かしつけに悩んでるとかがあったら

上の本含め、いろいろ読み漁ってみると
なにかヒントが見つかるかもしれないです。

今日の独り言:
イケアで巨大ホワイトボードを買って
壁に設置しました。

早速、白い壁に落書きされました(泣)

【4/16追記:いったんリンクすべて外します】