yonekichism

グルテンフリーを開拓する盛り合わせブログ

私にとっての3月11日

六年前の震災時、私は海外にいました。

テレビから飛び込んできた津波の映像と、拡大し続ける被害の数字に呆然としていたのを覚えています。

普段は音信不通の兄たちに数年ぶりに連絡を取ったり、知り合いからも続々とヨネキチの家族は大丈夫かとの問い合わせをもらったりと、人と人のつながりというものを感じた日でした。

www.buzzfeed.com

昨日読んだ記事になります。通勤電車内で読み始めてしまい、終わるころにはしゃくりあげるくらい泣いていました。同じ子を持つ親として胸がえぐられる…

今のところ毎日更新を続けているこのブログ。今日は一緒に仕事をしている人たちへのツッコミ系不満でも書こうかなと一瞬思いました。

でも3月11日に仕事への不満なんか到底書けませんでした。

仕事があること
住める家があること
なにより家族が無事でいてくれること

片づけをさっさとやらない子供にイライラしつつも、生きて元気でいてくれている。それだけでもう奇跡なんだと記事を読んで思い知らされました。

今年からは娘にも地震のことを話し始めました。理解は追いついていないけれど、何か感じることはあるみたいです。

何が起こってもおかしくない世の中です。だからせめて何があっても後悔しないくらい、家族との時間を大事に出来たらなと思います。そして願わくば、娘が私より先に旅立つことがないことを切に切に願います。

私にとっての3月11日は、平凡な日常が一番の幸せなんだと思わせてくれる指標になりました。