地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

体力だったり、取り柄だったり、思考力だったり。ちょっと足りないから、ちょっと頑張って前に進むブログです。

~いろいろ足りない、だからちょっと頑張るブログです~

人前で緊張するあがり症を克服するため 即興演劇クラスに入った話

その他-お役立ち系 雑記

注目を浴びたり人前に立つことが大好きな人がいる反面、人に見られたり人前で発言するのが苦痛な人もいます。

私は完璧に後者で、社会人になった今でもそれは変わらず、会議室では常に一番後ろですみっコぐらししています。 

そんな性格なくせに、なんと前職ではプロデューサー職に就いていました。詰んでる感半端ないです。

人前で話すのが嫌いなくせにプロデューサーになる

プロデューサーともなれば、一つのプロジェクトの責任者になるので、多方面との交渉がメインになります。

対個人ではまだ普通に話せるけど、これが団体になった時にはもう、声は産まれたばかりの子鹿バージョンでプルプルしてしまいます。

自分の性格を知っていたのでプロデューサーへの昇格はずっと断っていました。

最終的には昇給目当てでプロデューサーにならせてもらったのですが、普通は2~3年でなるところ、私はアシスタント時代から数えて4年以上かかっています。

給料だけ上げてくれるなら、一生ペーペーでも無問題無かったんだけどもね。

人前にでても大丈夫なようになるには、どうすればいいか?と考えた時に、当時の上司の進言もありヨネキチなんと、即興演劇クラスに入ってしまいました

どうするどうなる…

f:id:yonekichism:20170313210223p:plain

クラス初日もやっぱり壁が友達

私のように引っ込み思案を治したくて入門する人もいる中、演劇クラスを取る人たちなんて大抵目立ちたがり屋さんです。声もジェスチャーも大きくて、私を見て見てタイプです。

クラスが始まるまでの待ち時間、社交的な人同士アチラコチラで話に花を咲かせる中、私はひたすらすみっコの椅子に座っていました。

腕組み・足組み・スマホの完全装備で、話しかけるなオーラ全開です。

最初の関門は自己紹介

クラスが始まっていきなりぶっ飛ばしてくれます。自分の名前をジェスチャー付きで紹介しろとな。

いやいや、名前紹介にジェスチャー要らないでしょ。なんだったら名札交換すれば自己紹介すら要らないし、っていうかお友達になる気ないから名前ぶっちゃけ覚える必要ないでしょ。

一人で脳内パニックを繰り広げている間、皆さん奇抜なポーズで臆することもなくこなしていきます。

そしていよいよヨネキチの番です。Majiで心臓停止する五秒前。


そして…静寂が訪れます

1秒・・・2秒・・・3秒・・・

「マ…マ…マイ ネーム イズ ヨネキチ…」

しどろもどろしつつも、なんとか自己紹介は言えた。自分がんばった!でもジェスチャー無理でしょ。いやっていうか無理でしょ。

それでも何かをしなければ、余計目立ってしまう。でもジェスチャーはしたくない、でも目立ちたくない。あ”~~~~~~!!!

わかっていただけますでしょうか、この葛藤。

数秒後、苦し紛れになんとかジェスチャーを産み出します。出てきたのは、何故か中途半端なカメハメ波。悟空の「カ・メ・ハ・メ・波~!!」ではなくて、「かめはめは?ん?」みたいな威力です。

それでもなんとか次の人へのバトンタッチは出来た。スポットライトからは抜け出せました。ありがとう、孫悟空。ありがとう、鳥山先生。

でも、これはまだ初日の最初の10分でしかありません。クラスは全部で5回。一回2時間。因みにレッスン料2万円(泣)。

受難は始まったばかりです。

多分続く!


www.yonekichism.com

↑続きました!

今日の独り言:

ヨネキチは財布を拾った。
交番に届けたのでヨネキチの徳が1ポイントアップした。