yonekichism

グルテンフリーを開拓する盛り合わせブログ

【グルテンフリー】国内で買えるヘルシーでお手軽な朝食 シリアル

最近認知度が上がってきたグルテンフリーという言葉。

美容のためにグルテンを食べない人もいれば、アレルギーや病気のせいで食べられない人もいます。

私はセリアックという病気のためグルテンが含まれているものが食べられません。つまり、パン、パスタ、洋菓子、その他市販されている加工品の90%くらいは食べられません。

90%というのは完璧に感覚値だけど、でもそう感じるくらい小麦(グルテン)は至る所に入り込んでいます。特にお醤油に小麦が使われているのが一番イタイ。

食べたいものが食べられなかったり、食べられるものが限られているのはとても不便だけど、結構慣れるもんです。そして慣れてくるとそれが普通になります。

セリアックの私が食べられるシリアル

家族はグルテンが平気なのでパンなども食べたりしますが、私は大体グルテンフリーの青汁とヨーグルトを混ぜた中にシリアルを入れて食べます。

f:id:yonekichism:20170318111655j:plain

青汁のほんのりとした甘みとヨーグルトの酸味があっさりとしたシリアルにとてもあいます。

気を付けなければいけないのが、普通にお店で売られているシリアルの大半は小麦(グルテン)が入っているという事実。

素材そのまんま系のシリアルは大丈夫な場合が多いけど、人気の「フルグラ」や「ごろっとシリーズ」のグラノーラ系はほぼ全滅だと思います。

家族はおいしそうに食べてるけど私は食べられないです。大丈夫、うらやましいという感情もそのうち薄れます。

色々加工されていたりミックスされてしまうと、やっぱりグルテンは弱い、というか人気者です。すぐ登場してしまいます。

その代わり、素材を前面に押し出したシンプルなシリアルは大丈夫な場合が多いです。

私がほぼ毎朝食べているのは、コープが販売している「玄米フレーク」と日食が出している「プレミアムコーンフレーク」です。

f:id:yonekichism:20170318111930j:plain

コープは近所に店舗があるのでそこで買っていますが配送サービスもあるみたいです。ただ会員登録が必要なのでちょっとだけ敷居が高くなっちゃいますね。

日食のコーンフレークは楽天とかでも売っていますが、普通に近所のスーパーでも見かけます。

この二つのシリアルを青汁ヨーグルトに混ぜて食べます。ちょっと甘い玄米フレークと、素材の味しかしない主張のないコーンフレークが絶妙な組み合わせで、毎朝食べても飽きない味です。

でも同じものを食べ続けるとアレルギーになってしまうといわれているので、たまに趣旨替えして納豆ご飯だったり、お餅にのり巻いたりして食べています。

グルテンフリーと明記されていないものは自己責任で食べる

国内メーカーのシリアルでグルテンフリーと箱にちゃんと書いてくれているところは少ないです。というか見たことないかも。

私が毎朝食べている玄米フレークとコーンフレークシリアルは、原材料に小麦やグルテンと記載されてはいないです。

小麦記載はないものの、グルテンフリーと明記されていないし、同じ製造ラインで小麦を使っているとも書いてあるので、本当に敏感な人は避けた方が無難かもしれません。症状の出方は一人一人違うのでぜひ安全策でお願いします。

私も自己判断・自己責任のもと、毎日食べています。今のところ症状は何も出てないですが。

まとめ

7大アレルゲンの中でいちばん多く使用されている小麦。最初は何を食べていいか戸惑ってしまうかもしれないけど、だんだん慣れてきます。

(7大アレルゲン=卵・小麦・乳・そば・落花生・かに・エビ)。

少し面倒くさいけど、私はグルテンフリーになったおかげで長年悩まされていた過敏性腸症候群の腹痛から解放されました。完全にじゃないけど90%くらい。感覚値で90%が良く登場するなw。

小麦を食生活から排除しようとしている人の何かの参考になればうれしいです。

注:便宜上アレルギーという言葉を使っていますが、セリアックはグルテンを消化できない自己免疫疾患なので、アレルギーとは違う分類になります。

また前述していますが、この記事は当然ながら私の主観をもとに書いてあります。紹介したシリアルは正式にグルテンフリーとは明記されていませんので、ご注意ください。

今日の独り言:
小麦が食べられない私にとって米と大豆はライフラインです。
ビバ、米・大豆。