地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

豚に真珠でブヒブヒ祭り

恥ずかしながら今まで生きてきた35年間


豚に真珠の意味を履き違えていました。



綺麗におしゃれして着飾ってもブスには似合わない


的なコトワザだとばっかり思っていたため、「やかましいわ」と。


でも本来の意味は、

「豚に真珠とは、値打ちがわからない者には、どんなに価値のあるものを与えても意味がなく、むだであることのたとえ。」
豚に真珠 - 故事ことわざ辞典より引用

らしいです。

途端に当事者意識が芽生えました。

世の中真珠だらけ・・・らしい

10代の頃から周りがキャーキャー言うものに共感出来ないことが多かったです。

アイドルに熱を上げたこともないし、イケメンに見とれることもない。

流行りのファッションも興味ないし、宝石も、最新機器も、かっこいい車も、ブランドバッグも、ディズーニランドでウキャウキャデートも、メイクも、ネールも、カールも、スイーツも、人気のドラマも、お笑い番組も 大勢の友達も も 





諸々あまり興味が無いのです。

書いてて悲しくなってきますが、まるで仙人。

他の記事にも書きましたが、私は現実主義者です。

夢見る夢子ちゃんになりたいときもあるけど、それよりも日常を効率よく遂行するためには何を為さねばならぬのか

サムライスピリッツで考えます。

ブランド服より、動きやすいゆるファッション。

メイクも日焼け止めと眉毛だけ(書かないとマユナシヤンキー)

携帯は通話ができてネットにつながれば何でもいい。

バラエティ番組も時間の無駄。

車は移動手段。




…………………………






昔、10万もするカバンを大学を卒業する友達が見せてくれました。

卒業祝いで奮発したそうです。

誰が奮発したのかは不明。

10万のカバンなんか怖くてよう持てないです。

汚れたらとか壊れたらとか気になってまうじゃないですか。

現在私が持っているのは、ロフトでセールの時に買った3千円のリュック一つのみ。

これで1年以上毎日通勤してます。

休日も使っているので一日10円以下の使用料

コスパ、パないです。

指輪にしても、自分の好きなものを納得の行く形で買いたかったから旦那と一緒に買いに行きました。

そもそも、旦那は元借金男なので(そのうち記事にします)指輪なんか要らないっていったんだけども。

うちの旦那は乙女なので形式を大事にしたいそうです。

ちなみに結婚式も旦那の要望であげました。

乙女でっしゃろ。

買ってもらった(って言っても財布一緒だけど)指輪は華奢なダイヤの指輪でした。

お陰で太い私の指がオヤジに見えます

ダイヤより台座の方が高いくらいのカラット数です。

自分の中では高い買い物だけど、きっと一般的には笑われる値段なのかも。

ちなみに、結婚指輪も一緒に買いました。

超シンプルなホワイトゴールド。

8千円です。


ネットで

「自分の指輪が恥ずかしい」

「友達のほうがダイヤが大きくて羨ましい」

的な話を良く読みます。

なんせ発言小町大好物なんで。

その感覚がわからなすぎて、私は宇宙人なんだろうかと悩みます。

ただ、現実主義者観点から物事を見るなら

お金があって関係が良好なうちに高い指輪を貰って、万が一別れたとき売り飛ばせる保険にする

というならある程度の合理性があるので分かる気もする。

書いてて自分で少し引きました…

そんなに指輪がほしいなら自分で買えばいいのにとも思ってしまうけども。

ここら辺が私が乙女でない由縁なのでしょうか。






貰った指輪に引け目を感じる人たちは

彼氏が乗っている車がかっこ悪いという人たちは



価値が分かるが故にブヒブヒ言うのか

価値がわからないが故にブヒブヒ言うのか。

この現実主義者の豚にはわからないのです。ブヒブヒ。

f:id:yonekichism:20170323211348j:plain

今日の独り言:

豚の真珠が目から鱗