地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

【実録】コスパ最強の疲れやすい人が体力をつける方法

体力がなさすぎて辛かった経験ってありませんか?



私は今でこそ多少は改善されましたが、アメリカから日本に帰国した当初は辛くて辛くて毎日泣きそうになりました。



アメリカはなんせ車社会。



交通機関が発達していない上に歩いていける距離にお店がないので、見事なまでに歩きません。



だだっ広く土地がありすぎるというのも困りものです。



そんなアメリカから帰国して3年。



私が日本でたどり着いた、コスパ最強の体力増強術



なんだと思いますか?



コスパは本当に最強です。


f:id:yonekichism:20170404215913p:plain



街へ出よう

つまり、働きに出れば自然に体力つきますという単純な話ですみません。



就職先がちょっと遠ければなおよろし。



私はアメリカから帰国してすぐに、今の会社で働き始めました。



駅まで徒歩20分、電車で計50分、駅についてから徒歩10分の通勤メニュー。



まず、駅までの徒歩が第一関門。



電車に立って揺られるという行為が第二関門。



そして、一日働いた後に2つの関門をまた突破して帰って来なきゃいけないという苦行。



最初の一週間は帰宅後死んでました。



倒れ込むってこういうことを言うんだな~と実体験を通して理解するくらい、本当に身体が辛かったです。



日本への帰国は間違いだったんじゃないか、このままじゃ仕事を続けられないんじゃないかと真剣に悩みました。



でも当時はまだ旦那の就職が決まっていなかったため、私が大黒柱だったんです。



家族を養うため、意地でも辞められませんでした。



それじゃどうやって乗り越えたか。



地獄の沙汰も金次第

閻魔様を買収するわけじゃないですが、就職早々クビになるわけにも行かないので、お金で解決することにしました。



うわ~、嫌な言い方...


お金で解決と言っても、所詮はパンピーレベル。



バス代が支給されないため歩いて通っていた駅までの道。バスを利用することにしました。



最寄り駅も会社のある駅も、たまたま特急が停まる駅だったので特急に乗ることにしました。



とりあえず背に腹は代えられない。毎日バスと特急を使えばそれだけで月3万弱。



もったいない!でもクビになるよりはマシです。



徐々に徐々に


懐を痛めつつもHPセーブモードで通勤すること約1ヶ月。



段々体力もついてきました。



まずは、一番コストの掛かる特急を、往復ではなく片道にすることにしました。



体調の良い日は、それを今度は往復共に普通車で。



今度は駅までのバスを片道は歩きで。



それも慣れたら往復歩きで。



段階を踏んで徐々にハードルを上げていった3ヶ月後。



バスも特急も使わず、さらには1駅分歩いて会社まで通勤できるようになりました。



今では1時間半くらい毎日平均で歩いている感じです。



もちろん雨が降っていたり、残業で疲れていたり、体調が悪い日は無理はしません。



金にピヨピヨ言わせて、バスや特急で帰ります。



アメリカにいた時は週末は大体寝込んでいるか家で休んでいたのに、いまでは娘っ子を後ろに載せて自転車で出かけるようになりました。



人間の進歩ってすごい。


まとめ

もちろん働きに出るのが現実的じゃない人もいると思いますが、普通に出かけるだけで体力使うので、スタミナ不足で悩んでいる人は少しずつ行動範囲を広げていくのはどうでしょう?



車だったのをバスに、バスだったのを自転車に、自転車だったのを歩きに、歩きだったのをホフク前進に。



今でも普通の人より体力はない方ですが、そんな私でも実感できた体力をつけるコスパ最強の方法のご紹介でした。



体力もついてお給料ももらえてしまう。



これ以上のコスパは望めないと思います。


今日の独り言:

旦那は日本での通勤で数キロ痩せておなかが引っ込みました。