地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

【腱鞘炎】タイピング・マウス操作からくる指の痛みを劇的に改善してくれた3つのアイテム

長時間コンピューターの前に座ってタイピングをしているせいで腱鞘炎になりました。私の場合、ついでに胸郭出口症候群という付録つきです。


腱鞘炎は指の使い過ぎで患部が炎症して痛いよーという病気で結構ガチで痛いです。一時期お箸を持つことすらできなくなりました


胸郭出口症候群は、なで肩で首の長い女性に多く、神経が圧迫されることで手や指に痛みやしびれが発生するという病気です。結構ピリピリします。


おかげさまで両方の病気に恵まれたヨネキチは、社会人一年目にして大ピンチを迎えます。


指が痛くてタイピングができない事件です


コンピューターが使えないと仕事が全くできない職種です。クビの二文字が頭をよぎりました。


氷を当てて騙し騙し仕事をしたり、サロンパスや鍼灸等いろいろ試しましたが、最終的には人事と相談して労災を申請することになりました


そこから3か月間毎週リハビリに通い、指導を受ける中改善に向かったものの、それ以上に劇的に私のプロフェッショナルライフを救ってくれたアイテムが3つあります。

f:id:yonekichism:20170409100428p:plain

就労環境の見直し


私の痛みの一番の原因はマウスでした。マウスを動かすどの行為が悪いのかよくわかりませんが、いまだにマウスを5分間使うだけで激痛が走り、リカバリまで2日かかります。


これは大げさな数字じゃなくて、本気で5分=2日です。


アメリカで人事労務関連にやたらと力を入れていた会社に勤めていたおかげで、職場環境改善のプロが来て椅子の高さが~、角度が~、モニターの配置が~、みたいなのを計測されました。


そこで見直されたのが使用していたマウスとキーボード


キーボードはマイクロソフトの人間工学的に設計されたというキーボードに変更になりました。


そしてマウスはワコム社のペンタブレットタイプのマウスにすることにしました。よくデザイナーさんが使っているタブレットにペンでグルグルしてるアレです。


キーボードは2~3日で慣れましたが、タブレットは慣れるまでに1週間以上かかりました。


難しかったけど慣れてしまえばこっちのもの。痛みで全く動かせなかった指の痛みが80%は軽減されました。


「なんだ20%は痛いんじゃないか」と言うなかれ。こんだけ軽減されれば不快感で片付けられます。ストレッチをしたり少し休めばリカバリできる範囲です。


キーボードは転職した際に手放してしまいましたが、ペンタブは今も毎日使っています。これがないと仕事ができないくらいマストアイテムになっています。


おかげでいまだに社会人続けられています


ストレッチポール


労災を申請した際に通っていたリハビリでもらったアイテムがストレッチポールでした。


発砲なんちゃら素材でできている丸太みたいなものを肩甲骨の間において寝転ぶだけで、凝り固まっている胸郭のあたりの筋肉がほぐれるのがわかります。


毎日どれだけ首を亀のように前に出して生活しているか、背中を丸めて生活しているか思い知らされます。


今日も1日PCを使って背中が痛くなってきたのでさっき2分くらい使ってきました。やっぱり気持ちいい。


使った瞬間、だいぶ血流滞ってたのね~、という感じで末端に血が流れていくのを感じます。


アメリカから帰国する際に、段ボールに入らないため2つに切って持って帰ってきたのですが、日本でも普通に売ってましたw。


腱鞘炎の人にももちろんおすすめですが、何の症状がなくても毎日PCを使って前のめりの姿勢でいる人にも断然お勧めです。


SE(システムエンジニア)をやっている兄も、うちに来る度にストレッチポールの上でゴリゴリしています。

まとめ


最初に腱鞘炎を発症したときは痛みで夜眠れませんでした。


タイピングだけではなく、料理を作ったり箸を持ったりという普通の作業も出来ないくらい悪化してしまったため、かなりへこみました。


今回ご紹介したアイテムは、そんな私を当時救ってくれたミラクルアイテムです。


万人受けするかというと、それはわかりませんが、少なくとも私は劇的に改善しました。

  • 人間工学タイプのキーボード
  • ペンタブレットタイプのマウス
  • ストレッチポール


でも上記のアイテムよりなにより、最も効果的なのは休養です。指を休めてあげることです。


私はお助けアイテムを使っても多少痛みはあります。


でも年始に1週間ハワイに行った際は、コンピューターも家事も全くしなかったので見事に痛みフリーでした。


痛みというのは体からのSOSのサイン


このエントリーが指や手の痛みに悩んでいる腱鞘炎の人たちの参考になればうれしいです。


今日の独り言:

でも、休みたいときに休むという基本的な事が結構難しい。