地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

【母の日】新米ママが一番嬉しいプレゼントは「時間」です

4月もそろそろ中盤、あと一か月ほどで母の日です。


日本では5月の第2日曜日にお祝いをするため、2017年の母の日は5月14日になります。


母の日の一般的なプレゼントとして真っ先に思い浮かぶのが、カーネーションなどのお花のプレゼントですよね。


「母の日 プレゼント」で検索すると一番多いのがやはりお花で、その他にはチョコなどのスイーツ、化粧品、小物などがヒットします。


長年一緒にいるとマンネリ化してしまう母の日ですが、せめて新米ママの内だけでもちゃんとお祝いして欲しいのが本音です。


ママ業結構疲れます。ご褒美が欲しいです。ついでに褒めてくれるともっと頑張れます。


来月の「母の日」にちなんで、娘が産まれたばかりの頃にしてもらって嬉しかったことと、して欲しかったことを混ぜた「理想の一日の過ごし方」のご紹介です。


f:id:yonekichism:20170411151039j:plain

自分の時間がほしい


赤ちゃんが生まれると24時間体制でお世話をしなくちゃいけません。


産まれる前はあんなに静かだったのに、一旦外に出たとたん泣くわ叫ぶわ食べるわウンチするわ。


泣くのであれば、泣く理由と時間帯を明示してほしいものですが、いかんせん赤ちゃんも忙しいので、やってくれたことはないです。


そんなわけで、お世話係のママ(パパの場合はパパ)は大分疲れます。


働きながら子育てした私が断言します。




赤ちゃんのお世話は、仕事より大変です。




赤ちゃんはかわいいです。すごくかわいいです。


でも睡眠不足のママにとっては、赤ちゃんとの時間は苦痛でもあります。かわいいけど苦痛、これほんと。


母性が足りないとか、愛情が足りないとかそういう話じゃないんです。


人間疲れすぎたり寝不足が続きすぎると正常な判断が出来なくなります。なのでもし可能なら、自分だけのゆったりとした時間を過ごさせてほしい


自由に本を読むでも、昼寝をするでも、たまった家事をするでも、お買い物行くでも、美容院行くでも、なんでもいいから、自分のやりたいことをやりたいようにしたい。


授乳しているのであれば離れられる時間は限られるかもしれないけど、自分のために時間を使えた後はリフレッシュしてまた頑張れます。


なので、一番うれしいのは「自由な時間」のプレゼントです。


f:id:yonekichism:20170411151017j:plain


プラスアルファのご褒美


せっかく時間がもらえるのなら、家事や炊事に使うよりもリラックスできることに使いたいです。


特に赤ちゃんが生まれたばかりの新米ママであれば、出産のダメージに加えて日頃の疲労がたまっています。


母の日前日に洗濯、掃除、洗い物などの諸事をすませて、ママが時間をフルに有効活用できるようにしてくれると菩薩のようにやさしくなれます。


そして「あとは、まかせとけ」とエステやマッサージのギフト券を渡して送り出し、当日帰ってきたママを手作りディナーで迎えてくれたら、たぶん泣きます。


でも、パパがいきなり赤ちゃん見ながらディナーはかなりハードル高いと思うので、できなくても無問題。


女性は共感されると喜ぶ生き物なので「あ、できないんだ」って思ってくれるだけでうれしいです


まとめ


どんなに好きなものでも食べすぎれば消化不良を起こすように、大好きな赤ちゃんのお世話でも、四六時中だと辛くなります。


もし時間のプレゼントが難しい、家事炊事が手伝えない、ギフト券も買えないってなったら、せめて言葉だけでもいいから伝えて欲しい。


「がんばってくれてありがとう」って言われるだけでもうれしいです。


「Happy wife, happy life」というアメリカのことわざ(?)にもあるように、お母さんが笑っている家は幸せな家です。


ぜひぜひ笑顔あふれる一日になれるよう、画策しちゃって下さい!


f:id:yonekichism:20170411151345j:plain

今日の独り言:

メインのお世話係がパパの場合も同様です。

「父の日」に目いっぱいパパを甘やかしちゃいましょう!