地球の重力ハンパない

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球の重力ハンパない

根無し草の雑記ブログ

~根無し草の雑記ブログ~

歯の神経を温存したけど結局殺すことになった話とアマルガム除去

突然ですが、歯が痛い

実は先週も少し痛かったのですが、ちょうど娘がもらってきてくれたお腹風邪でふせっていました。

お腹風邪の時の外出は危険です。ましてや歯医者さんなんかに行った日にゃ、大盤振る舞いでウイルスのおすそわけになってしまうので自粛していました。

その後、痛みがなくなったので放置してたら、今日突然また痛み出しました。

歯の痛みは脳天に来ますね。あまりに痛いので、仕事を二時間中抜けして歯医者に行ってきました。

f:id:yonekichism:20170421214911p:plain

目次

神経は温存したほうがいいけども

痛み出した歯は、実は去年治療した歯です。

お、「歯は」って出そうとすると「母」って変換されますね。ははは。

何はともあれ、前回は虫歯が神経の近くまで進行していました。

神経をとれば確実に虫歯菌はやっつけられるけど、神経を残すのであれば虫歯が進行する可能性があるとのこと。

可能性はハーフハーフ。

無駄に自分の免疫を信じて温存することにしました。

神経をとってしまうと歯自体が弱ってしまったり、黄ばんでしまったりするらしいので、神経はやっぱり残したい。

そして数か月後…

見事に賭けに負けました orz

神経を殺しました

なんか耐え忍ぶ人みたいな見出しになりましたが、今日駆け込んだ歯医者さんに詰め物をとってもらったところ、虫歯が進行していたそうです。

しかも膿んでいたらしい。きも!

ちなみに、この膿みがもっと進行するとものすごく口が臭くなります。仲のいい同僚の息が虫歯のせいで超絶臭くなりました。

どれくらい臭いかって、テーブルの向こう側でしゃべっているのに、マスクを通して強烈に匂ってくるほどです。

気の毒なくらい臭い。なので、虫歯はさっさと治療しましょう。

今日見てくれた歯医者さん「これじゃ痛いよね~」というわけで、もう疑う余地もなく神経を抜くことになりました。

さよなら、神経。36年間ありがとう。

神経抜くか抜かないかで迷ったときは

結局神経は抜くことになりましたが、そこはもうしょうがない。あきらめます。

諦められれないのは、前回の治療のために払った詰め物です。私は若干金属アレルギーなので、セラミックにしてもらいました。

セラミックは保険適用外です。つまりお高いのです。一本1万5千円かかりました。

今日、その1万5千円が木っ端みじんにガリガリされました。

なのでもし、五分五分で神経を残したいときは、先ずは保険適用内で蓋をしてもらうのをお勧めします。

銀歯だったら、後々ガリガリ削られてもあきらめがつきますからね。

ついでにアマルガム除去

歯の話ついでにアマルガムの話なんかも。

前回の治療でセラミックにしてもらったのには口の中から金属を除去したいとの思いからでした。

アマルガムって知ってますか?

水銀を含む、一昔前に幅広く虫歯治療に使用されていた材料です。銀歯によく似ています。

「毒だぞ!死ぬぞ!」

という自然派森ドクターと

「いやいや、死なないから。っていうか害もないから。」

というドクターの、対立する二つの派閥があります。

私は少し金属アレルギーっぽいうえに、しょっちゅう体調不良です。体調がよくなればという思いで、去年全部のアマルガムをセラミックに変えてもらいました。

万札がパタパタ飛んでいった時期です。まぁ、その時飛んで行った万札が、ガリガリと今回撃ち落とされたわけですが。

アマルガム除去をしてから5か月たちました。

肌がきれいになったり、剥げが治ったり、腹痛が治ったりという話をネットで見ますが、私は一切そういうことはありませんでした。

もうちょっと劇的ビフォーアフターを期待してたんですが、なにも実感できていません。高かったのに…

時間がかかるのかな?でもそうしたらもうアマルガムのおかげかわからないしな。

なので、結論としては、アマルガム除去してもあんまり変わらないかもよ!と言うことです。

でももしかしたら変わるかもしれないよ!

ともいえるので、

結局わかりません!つまりは人次第、とらえ方次第。

グダグダだな~。

今日の独り言: 歯は大事にしましょう。本当に。