yonekichism

グルテンフリーを開拓する盛り合わせブログ

掌蹠膿疱症がビオチン療法で完治 | 痛みと痒みが1ヵ月で消えた体験談【画像あり】

今でこそ完治して普通の手を取り戻せましたが、掌蹠膿疱症を患っていた時は痒みと痛みで頭がおかしくなりそうでした

症状が出た部位は両手の親指と手のひら。

幸い他の指や足には症状は出ませんでしたが、人の目に触れる部分がグロいのは恥ずかしいです。

病院で処方されたステロイド等の薬も全く効き目がありませんでしたが、ネットで拾った対処療法を試した所1ヶ月もしないうちに綺麗に治ってしまいました

現在掌蹠膿疱症で苦しんでいる人の参考にこの記事を書きますが、私は医療関係者ではないので、参考程度に読んでいただけるとうれしいです

f:id:yonekichism:20170429000447j:plain

掌蹠膿疱症とは

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、皮膚病の一つ。手掌・足底に無菌性の膿疱が反復して出現する。基本的に慢性難治性の疾患である。
40代以降に好発する。膿疱の好発部位は母指球部と小指球部、土踏まずと踵で痒みを伴う。悪化すると日常生活に支障を来すほどの痛みを生じる。
手掌・足底に多数の膿疱が両側に急に出現し、しばらくするとガサガサになる。こういった経過が寛解、増悪を繰り返す。
原因は不明であるが、溶連菌やスーパー抗原に対する免疫応答に異常があるという報告がある。
―ウィキペディアより引用

掌蹠膿疱症は死ぬほど痒いし気持ち悪い

私が掌蹠膿疱症にかかったのは2015年の秋頃でした。

未だに原因は不明ですが、親指のかゆみから始まり、そのうち皮膚の下に膿疱が見えるようになりました。

もちろん膿疱なんて言葉は後に知った用語になりますが、この膿疱の見た目は本当に気持ちわるいです。

強いて言えば、皮膚の下に無数のイクラの卵が孵化するのをまっている状態

それが満を持して痒みを増し、あまりの痒さに掻き壊し、ジュクジュクになり、皮が剥け、剥けたその皮が固くなり、皮膚が再生してまた痒くなる、という罰ゲーサイクルを繰り返しました

皮膚科で処方されたステロイドも全く効果が無く、痒いし痛いし恥ずかしいの3重苦の闘病期間でした。

下に少しばかしグロい写真を載せますので、苦手な人はバックボタンをお願いします

 

 

 

 

 

 

 

f:id:yonekichism:20170531215944j:plain

↑掻き壊した状態。気持ち悪い...

掌蹠膿疱症が与える精神的ダメージ

命の危険もないのに闘病というと大げさかもしれませんが、掌蹠膿疱症は精神的にも本当に辛かったです。

人前で手を出すのが恥ずかしく、症状が軽い時はバンソコウを貼ってごまかし、範囲が広がってジュクジュクな時は手袋をして仕事をしていました。

家事をしなければいけない時はゴム手袋をして料理を作り、いくら伝染る可能性のない病気とは言え、こんな手で作った料理を食べさせてしまうのが家族に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

夜中に痒くて目をさますこともあったし、手の一部しか症状が無かった私でも大分辛かったので、手足全部や爪に症状がある人は本当に大変だと思います。

こんなに辛いなら指を切り落としてくれと思うほど、メンタルは追いやられていました

試した治療法と自己流対処法

とりあえず病院でもらったステロイド薬は試しましたが、全くと言っていいほど効果がありませんでした

ステロイドには元々抵抗があり、目に見える症状しか治療しない現代医療に少なからず抵抗もあったので、結局病院通いは止めてしまいました。

f:id:yonekichism:20170531221852j:plain

↑掌蹠膿疱症の治療によく処方されるアンテベートという副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)

その後は自己流でワセリンを塗ったり、湿潤療法が効くかもと勝手に思ってラップを巻いてみたりしましたが、もちろん症状が改善することもなく、一生この病気と付き合わなければいけないのかとあきらめかけた頃。

ネットでビタミン等の摂取で掌蹠膿疱症が完治したとの記述を発見しました。

この時点で、発症してから6ヶ月が経とうとしていました。

ビオチンとビタミンCとミヤリサン

残念ながらどのサイトを参考にしたかは記憶に無いのですが、「掌蹠膿疱症」「ビオチン療法」と検索すると沢山ヒットします。

ビオチンとはビタミンBの一種で皮膚の健康を助ける働きがあるらしいです。

もともとビオチンの不足が掌蹠膿疱症の一因とも言われ、ビオチン療法はその不足しているビオチンを補うことで症状が改善するということらしいです。

ビタミンCミヤリサンはビオチンの吸収を助けるために必要なので、必ず3つを1セットとして摂取し続ける必要があるとのこと。

値段的にもそんなに高くないし、ビタミンであれば副作用も少なそうということで、藁にもすがる気持ちで三種の神器をオーダーしました。

ビオチン療法で完治するまで

ビオチン、ビタミンC、ミヤリサン。

届いた日から忘れること無く毎日せっせと摂り続けました。

飽き性で忘れっぽい自分ですが、なにせ切羽詰まっています。

期待半分、ダメ元半分で摂り続けること1ヶ月。

あれほどつらかった症状が、気づいたらあっさりと消えていました

これには自分もビックリです。

あまりにあっさりと治ってしまったため、いつまた再発するかとビクビクしていましたが、一年半以上経った今も症状は出ていません

そして、最初に買ったビオチン・ビタミンC・ミヤリサンを飲みきった後は、一回も追加購入すること無く今に至ります

恐るべし、三種の神器。

まとめ

たまたま私と三種の神器サプリの相性が良かったのか、それとも普通に三種の神器の威力が凄まじいのかはわかりませんが、おかげで今は手袋もバンソコウの必要もなく、素手で人と接することが出来ます

握手もできるし、なんだったら手相を見てもらっても恥ずかしくないです。

帯状疱疹にかかって失明しかけたときも思いましたが、本当に普通の日常を送れるって奇跡に近いと思います。 

ネットに情報があったおかげで、私の場合は6か月という比較的短期間で掌蹠膿疱症を治すことができました。

この治療法で必ずだれでも治る!とは断言できませんが、何をしても治らなかったという人はダメもとで試してみてもいいかもしれません。

健闘を祈ります!

今日の独り言:健康が一番の宝です。