ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

SOYJOYがパッケージにグルテンフリーと書かない理由が衝撃すぎた話

日本に住む 小麦アレルギーセリアック病の人にとって、どこに行っても手に入るSOYJOYは救世主のような存在かと思います。

少なくとも、私は出先でお腹がすいても食べられるものが身近にない時、何度もSOYJOYに助けられました。

f:id:yonekichism:20170813091445p:plain

写真は大塚製薬公式サイトより

SOYJOYはグルテンフリーなのか

SOYJOYは大豆を主原料として作られていますが、完全にグルテンフリーなのでしょうか?

いろいろな種類が販売されていますが、原材料をパッケージで確認すると、そのどれにも小麦の記載はありません。

本品は卵、乳、ピーナッツを含む製品と共通の設備で製造しています。

上記の記載にも小麦は含まれていないため、小麦やグルテンの混入も無いようです。

また、SOYJOYの製造元である大塚製薬のサイトには以下の情報が載っていました。

第三者機関で分析し、SOYJOYは全アイテム、FDA(アメリカ食品医薬品局)のグルテンフリーの基準に適合していることを確認しております。

というわけで、グルテンフリーなのは間違いないようです。

それでは、なぜグルテンフリーとパッケージに書いて宣伝しないのでしょうか?

お客様お問い合わせ窓口に連絡してみた

第三者機関で分析してグルテンフリーのお墨付きをもらっているのに、なぜそう書かないのか?

不思議でしょうがなかったので、公式サイトからお問い合わせ窓口にメールしてみました。

すぐ返信が来たので、さすが日本の企業は対応が早いです。

「グルテンフリー」とパッケージに記載しない理由は特にございません

!!!

 

 

 

...とのことで、理由は特にないそうです^^;

まとめ

少し下火になりつつも、いまだに根強いグルテンフリーダイエットをしている人。

全国の小麦アレルギー患者、せりあっく患者、グルテン不耐性患者の人。

加えてグルテンフリーが市民権を得ている欧米から来日する人。

上記の層にピンポイントでマーケティング出来る商品に、グルテンフリーと書かないのはもったいなさすぎます。

これを英語で書けば、海外から来る観光客はだいぶ助かるだろうな~、と思ったのでまた大塚製薬さんにその旨伝えました。

知らない土地で何を食べたらいいかわからない人にとって、Gluten Freeと記載してある食べ物はかなり貴重になります。

今回問い合わせたことによって、日本の企業のグルテンフリーに対する認識の低さが分かったような気がします。

微力ながらも、グルテンフリーの普及に貢献できたらいいなと思うので、これからも行動にしていこうと思います。

ちなみに、先ほど「グルテンフリー」に関して違う企業さんにもメールを書いたのでその返事待ちです。

また何かお伝えできるグルテンフリー情報があれば、記事にしますのでよろしくお願いします^^