ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

ARuFaさんの新刊「超暇つぶし図鑑」が危険すぎて死人が出そう

今日通勤途中の本屋さんで、かの人気ブロガーARuFaさんの新刊を発見しました。

ARuFaさんをご存じない方はこちらから↓

はてなブログで読者登録がもうすぐ6000人に届きそうな大物ブロガーさんです。

更新頻度はあまり高くないですが、記事のクオリティーは非常に高いし、身体の張り方がハンパないです。

固定概念と既成概念に凝り固まった自分としては、あの自由人っぷりが非常にすがすがしく、そしてうらやましい。

とにかく面白いので、まだの人は是非彼のブログを読んでみてください。

新刊「超 暇つぶし図鑑」

さて、そんな彼の新刊が発売されるらしい。

といっても、事前に知っていたわけではなくて、たまたま本屋さんで見かけたから知っているのですが、それがこちら↓

f:id:yonekichism:20170509222230j:plain 

少し立ち読みさせてもらったのですが(すみません...)、どこからこんな発想が湧き出てくるんだろうというくらい、面白いコンテンツ満載。

天才か。

でも一つだけ、危険すぎて放っておいたら死人が出るんじゃないかと思うコンテンツがあり、かなりかなり迷いましたが、記事を書くことにしました。

私が書いたところで何の影響も出ないと思うけど。

 「顔を土に埋めるとすごく落ち着く」

という暇つぶしアクティビティについて書かれている記事があります。

地中は適度な暗さと暖かさを兼ねそろえている。

なので落ち着かないときは顔を地中に埋めてみよう、という企画で実際にARuFaさんが顔面を地中に埋めて逆立ちしている写真が掲載されています。

地中でどういう状態になっているかはわからないし、その状態で逆立ちできるARuFaさんはやっぱりただものじゃないと思いますが、これは本当に死ぬ可能性がある危険な遊びだと思います。

アメリカでは実際に死人が出ている

海外でも大人気のアニメ「Naruto」で、我愛羅というキャラクターが使う「砂縛柩」という技があります。

2008年にその技をまねて遊んでいた10歳の男の子が亡くなるという事故がありました。

abcnews.go.com

ふざけて砂の中に顔を突っ込んでいて起きてしまったこの事故。

「顔を土に…」の記事を読んだときに、真っ先にこの事故を思い出しました。

面白いコンテンツが詰まったこの本のことだから、図書館に置かれて子供が借りるなんてこともあるかもしれない。

その時「面白そう!」と思って真似する子供が出ないとは言い切れないと思う。

子供はいつだって大人の予想の斜め上を行く生き物です。

ファンの多いARuFaさんの本に「物申す」をすることに結構勇気も要りました。

でも、子供を持つ親として、小さな声ながらも「危ないぞー」と警鐘を鳴らしたいと思って書いています。

なので、この記事のタイトルにオチはありません。

読んだそのままの意味でつけました。

ARuFaさん、せっかくの新刊なのにこんな記事書いてごめんなさい。