ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

原因不明の体調不良は小麦のせい?毎日あった腹痛がグルテンフリーで劇的に改善した話

原因不明の体調不良の数々

疲れやすくて、しょっちゅう風邪をひく。

常にお腹や頭が痛い。

病院ジプシーをしても改善しない体調に、半ばあきらめ気味だった数年前、私はセリアックという自己免疫疾患の診断をされました。

この病気の対処療法は小麦(グルテン)を食べないことです。

そこでグルテンフリーの食生活に切り替えたところ、現在体調は劇的に改善しています。

原因不明の体調不良は何をすればいいのかわからなくて、辛いですよね。

もし今、体調に悩んでいるようであれば食べ物が原因かもしれません。

私の体験談が何かの参考になればうれしいです。

セリアックの代表的な症状

ガス
腹部膨満感と痛み
慢性の下痢
悪臭を放つ便(脂肪便)
体重の急激な減少や増加
顔面蒼白
貧血(赤血球数の低下)
骨あるいは関節の痛み
骨粗鬆症
筋肉の痙攣
ブレインフォグ(思考に霧がかかったような状態)
疲労感
てんかん症状
脚部のしびれ感
口腔内の痛み
痛みとかゆみを伴う湿疹
歯の変色あるいはエナメル質の欠損
無月経
成長の遅れ(子供の場合)
-ウィキペディアより引用

最初は過敏性大腸炎(IBS)と診断される

実生活の中で一番困っていたのはお腹の不調です。

毎日お腹が痛くて、常に下痢と便秘を繰り返していました。

何度病院で相談しても原因は不明のまま、「過敏性大腸炎」と診断されておしまいです。

腹痛の原因が分からないため予防線を張るのが難しく、トイレのない空間が恐怖でした。

この感覚は今でも尾を引いていて、観覧車、渋滞、エレベーター等は苦手です。

でもグルテンフリーの生活をするようになってから、毎日の腹痛が週に1回くらいになったので、かなり楽になっています。

それでも、普通の人に比べると弱いんですけどね(笑)。

疲労感と貧血に悩まされる

若いころから他の人より疲れやすく、病気になりやすかったです。

学校や職場、電車内や街中、何度も出先で倒れたり貧血になったりしたため、外出は恐怖でした。

サーフィンに行ったり、オールで遊べる健康な兄が凄く羨ましかった。

いまだに体力は少ないほうですが、現在はフルタイムで働き子供を育てているので、大分ましになったと思います。

エナメル質欠損でスカスカな歯を抜歯する

私には奥歯が一本ありません。

歯根吸収」という聞きなれない診断をされて、奥歯を一本抜歯しています。

原因は不明ですが、自分自身の体を自ら攻撃して歯の内部を侵食しているとのこと。

抜歯した当時は自分がセリアックだとは知らなかったのですが、今思い返せばこれも「自己免疫疾患」ですね…

抜歯の時にペンチでつかんだ瞬間、歯がつぶれて粉々になるくらい中はスカスカだったようです。

セリアックのせいかは分かりませんが、そのほかにも歯茎後退やエナメル質の欠損、変色等。

歯に関しては、現在進行形で悩まされています。

f:id:yonekichism:20170205214357j:plain
↑中がスカスカになって抜歯を余儀なくされた奥歯

関節の炎症と痛みで大学留年

大学生のころ、リュウマチと疑われるくらい全身の関節が痛く、箸も持てないような時期がありました。

病院で症状を説明すると必ずリュウマチの検査をされましたが、血液検査は毎回陰性だったので、結局炎症を抑える薬を処方されて終わりでした。

学校を休学してリハビリに専念するも完全治癒にはつながらず、音楽院生だった自分の音楽家としての道は断念。

グルテンフリーの食生活に移行した現在も、無理をするとすぐ体のあちこちが痛くなります。

これは、先天性なものもあるかもしれませんね。

グルテンフリーの生活をした結果

いまだに間違える時もありますが、ここ5~6年はグルテンフリーの生活を続けています。

同年代に比べて疲れやすいですが、以前に比べて病気で寝込むことは少なくなりました。

帯状疱疹で一昨年入院はしましたが、大きな風邪やインフルエンザはここ2~3年ひいていません。

一番嬉しかったのは胃腸が改善したこと。

毎日あった腹痛や不調が、今は月に数回調子が悪くなる程度です。

健康な人には及ばないものの、それでも普通に生活できて、仕事ができる。

一時、その「普通」の生活すら叶わなかったのを思えば大進歩です。

原因不明の体調不良は意外な所に理由があるかもしれません。

もし思い当たる節があるなら、お医者さんに相談してみるのもいいかもしれませんね。

f:id:yonekichism:20170810083929j:plain