ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

無印良品のインテリアが大好きな人におすすめ!シンプルでおしゃれな犬のハウス・ケージ

無駄のないシンプルな無印良品のデザインが好きです。

保護犬の里親になると決めたときに、無印良品でドッグハウスを探しましたが、残念ながら無印にはありませんでした。

ドッグハウスを探して二週間。

キンタローという会社が作っている、シンプルでおしゃれな、理想のケージに出会えました。

f:id:yonekichism:20170306165058j:plain

クレート?ケージ?サークル?ハウス?

犬小屋を探し始めてまず驚いたのが、犬のおうちを示す言葉がたくさんあることでした。

とりあえず私の中での理解は次のようになります。

  • クレート:キャリーケースのようなペットを運ぶための入れ物。
  • ケージ:格子枠で天井と床を含む四方を囲んだタイプの檻。
  • サークル:格子枠で周りを囲んだタイプの檻。床と天井がない。
  • ハウス:俗にいう犬小屋。または、犬のおうちの総称。

クレートは室内で飼うのには適さないので検索から外し、ケージとサークルというキーワードでひたすらネットを放浪しました。

前提条件

  • 掃除がしやすいこと(格子は拭き掃除が面倒くさそう)
  • 汚れが飛び散らないこと
  • 天井が取り外しできるもの
  • プラスチックや鉄製ではなく、部屋にあって違和感のない家具調のもの

キンタローのペットケージハウス

無印良品大好きな私が惚れたのは、キンタローという会社が作っているケージでした

ベビー用品や、サポート家具などを作っていて、サイトには以下のうたい文句がありました。

ペットサークル、ケージ、ゲートなど高いインテリア性を持つ国内生産の純木製ペット家具の専門店。

私が購入したのは「ペットケージハウス AS88」というモデルです。

購入の決め手は下記7点。

  • 天然木で作られているので優しい感じがするし部屋にあっても違和感がない
  • 日本製なので安心、な気がする
  • 屋根が外せるので犬の性格によっては屋根を解放してあげられる
  • 前面以外の壁は天然木なので、毛や汚れが飛び散らないし拭き掃除がしやすい
  • 車輪がついているのでケージの下が掃除しやすい
  • 前面の格子が細い鉄製なので、ウォーターノズルがつけられる
  • 色がかわいい

難点といえば、お値段がちょっとばかり高いこと。

小型犬用で27000円だったので、鉄製のケージが一万前後で買えるのを考えると倍以上の値段でした。

まとめ

購入に際してはかなり悩みましたが、デザインが気に入らないものだと後で後悔すると思いました。

そして思い切って買った結果は、大正解でした。

ケージというよりは家具という感じで、風合いも優しく、ほかの無印良品の家具にもマッチしています。

色はホワイトではなくクリームやアイボリーといった方が近いかもしれません。

組み立ても1時間以内に出来る上に造りもしっかりしているので、本当に今のところ申し分はないです。

一点だけ買ってすぐに後悔したことは、サイズをもう一つ大きいのにすればよかったと思ったことでした。

小型犬には十分なスペースなのですが、トイレトレーニングができていないので、トイレとベッドが近すぎてベッドにお漏らしをする回数が多いです。

でも、基本的には大満足の買い物になりました。

完璧主観にはなりますが、無印良品スタイルが大好きな私が買った、我が家の犬用のケージのレビューでした。