ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

【ダイソー保存版】100均で買えるグルテンフリーのおすすめ商品!7つのベスト小麦不使用のもの

いろいろな食材に紛れ込んでいる小麦。

私は小麦やライムギなどに含まれている、グルテンを消化できないセリアックという病気です。

小麦(グルテン)に加え、化学調味料・科学甘味料、カフェイン、チョコレート、ピーナッツもNGなので、食べるものにはいつも苦労しています。

そこで今回は、100均でも買える「小麦・化学調味料・化学甘味料不使用」の食べ物をご紹介したいと思います。

みんな大好きアンパンマンのレトルトシリーズ

永谷園から出ているアンパンマンのレトルトシリーズ。

カレー、ミートソース、ハヤシ、野菜あんかけ丼の4種類がダイソーに置いてあります。

ありがたいことに、パッケージに「卵・乳・小麦・そば・落花生・大豆・香料・着色料・化学調味料をつかわずにつくりました」と書いてあります。

離乳食の終わった一歳ごろから食べられるそうです。

レトルトですが、立派な食事。

小麦アレルギーで食べるものがない時には、アンパンマンが自分の顔をちぎって差し出してくれるが如くに、救いの手を差し伸べてくれます。

一応4種類全部食べましたが、私の中で1位ハヤシ、2位カレー、あんかけとミートソースは同着3位という感じです。

幼児用なので当たり前ですが、カレーはかなり甘口です。

レトルトのごはん一パックに対して微妙にカレーの量が足りないので、大体1箱半使いますが、なぜかハヤシは1箱で足ります。

大人が食べるのを想定していないので当然といえば当然ですね。

ちなみにどの種類を食べても、アンパンマンのシールがもらえます。

f:id:yonekichism:20170321085300j:plain

ようかん

小麦アレルギーなだけではなく、私はチョコレートにもアレルギーがあります。

化学調味料・化学甘味料も食べると気持ち悪くなる場合があり、そもそも味が苦手なため出来るだけ避けています。

これだと選択肢はかなり少ないのですが、この関門を突破する商品も少なからず存在します。

ダイソーのレジ横によく陳列されている、一口ようかん。

原材料:砂糖、生餡、水あめ、寒天、塩、あずき。

梅味のみ着色料と香料。

小分けになっているので、食べやすいです。

塩味が一番好き。

f:id:yonekichism:20170321085317j:plain

ジャイアントコーン

うっすら甘みのついたトウモロコシのお菓子です。

原材料:とうもろこし、砂糖、海洋深層水、水あめ、蜂蜜。

「室戸海洋深層水」で煮込んでいるらしいので、なんかありがたそうです。

そのままポリポリ食べてもおいしいし、シリアルとしてミルクやヨーグルトに入れてもおいしいです。

店舗によっては置いていない場合がありますが、違うメーカーのものは普通のスーパーでも置いています。

f:id:yonekichism:20170321085332j:plain

三温糖きなこねじり

その名のごとく、きなこに砂糖をまぜてねじったお菓子です。

原材料: きな粉(遺伝子組み換えでない)、水あめ、砂糖(三温糖)、食用植物油脂(米油)。

かなり甘いですが、素朴で優しい味です。

大豆が主原料なだけあって結構食べた後にずっしりお腹にたまります。

f:id:yonekichism:20170321085342j:plain

SOYJOY

困ったときのSoyjoyです。

グルテンフリーのコンビニ編」でも書きましたが、最近ダイソーでも取り扱っているのをちらほら見かけます。

いろいろな種類がある中で私はこのクリスピーのプレーン味が一番好きです。

旅行に行くときや、出先で食べられるものがあるかわからないときは、必ずSOYJOYを鞄に入れていくようにしています。

大豆だから、おなかのもちもいいし、何よりおいしい。

ただ100均に置いてある種類は少ないうえに、頑張れば薬局等で108円以下で売っています。

それでも、取扱店が増えるというのは食料難民のアレルギーもちにはありがたいことです。

f:id:yonekichism:20170321085354j:plain

ドライフルーツ、むき甘栗、ほしいも等

ドライフルーツや栗、干しイモは原材料が素材だけな場合が多いので、食べられるものが結構あります。

商品の原産国は中国の場合が多いので少し抵抗はありますが、ダイソーでは国産の取り扱いはない模様。

味には問題ないと思うので、気持ちの問題ですね。

f:id:yonekichism:20170321085403j:plain

アメは基本的に小麦は入っていないと思います。

要注意は合成甘味料です。

私が嫌いな「ソルビトール」と「アセスルファムK」が結構使われているので、買うときは必ず原材料をチェックします。

食事の足しにはなりませんが、とにかく食べるものがなくてカロリーを摂取しないといけない時(切実)に重宝するので、飴は携帯するようにしています。

水あめ等は麦由来のものもあるので、そこも要注意です。

f:id:yonekichism:20170321085427j:plain

まとめ

アレルギーがあると色々面倒ですが、それも次第に慣れます。

だんだんと自分が食べられるものの範囲が広がっていくし、どうしても買えないものは自分で作る工夫をするようになります。

アレルギーになりたての頃は、何を食べたらいいのかわからなくて悩むと思いますが、ネット上にはいろいろな情報が載っているので一緒に頑張りましょう(^^)

今回、何かの参考になればと思いこの記事を書きましたが、上記ご紹介している商品の箱にはグルテンフリーとは書かれていません。

SOYJOYはグルテンフリーですが、それとアンパンマン以外のものは、同じ工場で小麦を取り扱っている場合があります。

喘息などと同じで、アレルギーの程度は人によって様々。

ごく微量でも反応が出る重篤なアレルギーをお持ちの方は、自己判断のもと安全策をとっていただければと思います。

快適なグルテンフリーライフのご参考になれば嬉しいです(^^)