ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

【家事時短】共働き子育て世帯で大活躍!おすすめグルテンフリー冷凍食品のまとめ

フルタイムの仕事に子供の世話。

忙しい毎日の中で、あまり手の込んだ料理を作る時間はないですよね。

どこのご家庭でも大なり小なり活用している冷凍食品ですが、我が家の食事はすべて小麦アレルギー対応が必須になります。

そこで小麦アレルギーでも活用できる、グルテンフリーの冷凍食品をいくつかご紹介したいと思います。

ただ、結論から言うと、無添加でグルテンフリーのレトルト冷凍食品は見つけられていません。

生協みたいな会員制宅配システムは別として、普通のお店では見かけた事がないので、今後何か見つけられたら別記事にしたいと思います。

グルテンフリー以外での我が家の前提条件

食べるものは出来るだけ、化学調味料、化学甘味料、添加物等を使用していないものを選んで買います。

絶対国産でオーガニックでなければならない、というほどガチガチに固めてはいませんが、それでも添加物の少ないグルテンフリーの冷凍食品となるとあまり数はありません。

また、「無添加+レトルト+グルテンフリー+冷凍食品」のハードルを越えるのはかなり難しく、我が家で買っているのは主に素材系がメインになります。

(米粉の冷凍餃子などはありますが、ラードやアミノ酸が入っているのでめったに買いません)

 

f:id:yonekichism:20170903083259j:plain

大学いも

原材料は「国産サツマイモ、砂糖、水あめ、大豆油」のみ。

子供のお弁当や手軽なおやつ用に買っています。

大学芋は、お惣菜として売られているものもグルテンフリーの場合が多いです。

甘くてホクホクしていて、美味しいです。

塩あじ枝豆

娘の大好物、枝豆。

冷凍枝豆の原材料は大体「塩」と「枝豆」です。

今回買ったのは台湾産ですが、探せば国産のものもありますので、グルテンフリーのおつまみに、またはお弁当の一品に重宝します。

居酒屋で頼める数少ないメニューの一つです。

ナチュラルポテト

原材料は「じゃがいも、植物油脂、ブドウ糖、ピロリン酸Na」。

子供が食べたがるのでたまに買っていますが、「ピロリン酸」が入っているのであまり進んで買いたい商品ではないです。

でも味はそれなりに、おいしいです。

他にもっとお勧めできるフライドポテトの商品が見つかったら、記事更新します^^

ミックスベリー

ヨーグルトに混ぜて食べる用に購入しました。

我が家のは国産ではないのですが、普通のお店で売られている冷凍フルーツ系で国産のものはあまり見かけません。

頻繁に買っているわけではありませんが、娘が食べたがった時に買っています。

冷凍フルーツの原材料は、そのフルーツのみの場合がほとんどなので、大体グルテンフリーです。

オーガニックミックスベジタブル

ミートローフやシチューを作るときに重宝するミックスベジタブル。

アメリカ産ですが、トウモロコシ・にんじん・グリンピースすべて有機栽培らしいです。

オーガニックの実態を疑問視する声もありますが、我が家はそこまでこだわってはいません。

九州のささがきごぼう

原材料は「ごぼう」のみの、九州産ささがきごぼう。

生ごぼうを一本買うと大体使い切れないし、皮むきなども面倒なので冷凍食品を使います。

トン汁や、きんぴらなどにとても便利です。

まとめ

小麦アレルギー持ちが家族にいると、なかなかお総菜やお弁当を買うというオプションがありません。

その方が、経済的だし体にもいいとは思いますが、やっぱり毎日忙しいと大変なので、出来るところで手抜き・息抜きは必要だと思います。

グルテンフリーのおすすめ冷凍食品6選。

本当は「7選」の方が響きはいいんですが、我が家が買っているのは最大6つだったので残念(笑)。

もし今後何か見つかれば記事を更新していきたいと思います。

次回スーパーに行く時の、参考にして頂ければ嬉しいです。