ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

捨てられない家族から学んだ断捨離の大切さと、物は死んだ後はガラクタだという事実

物を持たない人。

もったいなくて物を捨てられない人。

どちらにも言い分があり、利点があります。

ただ「物」というのは、死ねばほとんどがガラクタだというのを、捨てられないまま逝った祖父をみて実感しました。

物を捨てられない人、または家族にそういう人がいる人に、読んでもらいたい私の祖父母の話です。

f:id:yonekichism:20170426221513j:plain

物は自制しないと際限なく増え続ける傾向にある

私の祖父母は、老夫婦2人で2LDKのマンションに住んでいました。

4畳半の空き部屋にはクローゼットに加え大きなタンスが4つ。

そのどれもが服で埋め尽くされていました。

その他にも、着物を入れておく茶箱が三つ、溢れ出た服をしまうプラスチックケースが複数。

かばん、帽子、手袋、化粧品、貴金属、切手、写真、古い手帳、電話帳、置物、サプリ、賞味期限切れの食材、洗剤、粗品…

あらゆる空間には物が詰め込まれ、使われる前に新しい物が増えていくので、存在すら忘れ去られるということが何十年も続きました。

夫婦揃って同じような性格だと、抑制力が効かないため、物は際限なく増え続けました。

自分以外にはただのガラクタ

7年前、祖父が89歳の大往生で亡くなりました。

第2次世界大戦の貧しい時代を生き抜いた祖父は、物を捨てられない人でした。

いままで大事に記してきた過去30年あまりの手帳類。

何十冊というアルバム。

撮りためた何百本というビデオテープとカセットテープ。

なぜか捨てられずに取って置かれた新聞や広告。

何十着というスーツにネクタイにシャツに下着に靴下に…

祖父母は、何度も引っ越しを経験してこの物量なので、本当に物を捨てられない人たちなんだと思います。

うちの母親と叔父が数カ月かけて死後整理をしましたが、祖父にとってはかけがえのない物も、他人からすればガラクタ同然。

家具はお金を払って引き取ってもらい、売れるものは二束三文で売り、残りはゴミになりました。

思い出の品はもちろんとっておきますが、全てをキープするスペースはありません。

祖父の持ち物のほとんどは、処分または破棄されることになりました。

物を持つということ

祖父母をみて物を持つという事と、生きるという事を考えさせられました。

共通の趣味である買い物をしている時の2人は、とても楽しそうでした。

コートを買ってという祖母に、いいよという祖父。

何十万もする健康器具を衝動買いする祖父を、怒らない祖母。

公務員で安定はしていたものの、高給取りではありませんでした。

お金は遺すよりも使ったほうがいいとは思いますが、問題は自分の寿命がわからないということ。

今祖母は87歳。

体が弱って一人暮らしができなくなったため私達と同居しています。

いままで何十万、何百万とかけて買い集めた宝石や、コートや、化粧品や、その他もろもろは、少しを除いて大半が捨て値で処分されました。

そしてお金が無い事への不安を口にします。

まとめ

買い物をしなければ経済が回らないので、お金がある人はどんどんお金を使うべきだとは思います。

ただ、必要以上に持っているのに買ってしまう。

持っているのを忘れて買ってしまう。

そして使い切れなくて処分してしまう。

戦争の時代を生きた世代だからこそ物を大事にしそうなものですが、逆に反動で物に対する執着が強かったのでしょうか。

人生の終着駅に近づきつつある祖母を見ながら、「物」とは何を意味するのか。

そして何に対してお金を使いたいかを考えさせられます。

何より残される人が苦労しないように、身軽に生きていきたいなと思います。