ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

グルテンフリーパンを求めてナチュラルローソンに行ったら色々残念だった話

ナチュラルローソンとは、「美しく健康で快適なライフスタイルを身近でサポートするお店」をコンセプトとした、ローソン系列のコンビニです。

コンビニだけど、体に良いものを提供しようとする企業理念には大賛成。

普通のローソンに比べると店舗の数はそこまで多くないため、今まで行ったことがなかったのですが、先日初めてお店に入ってみました。

お目当てはグルテンフリーのパンです。

f:id:yonekichism:20170823070102j:plain

ナチュラルローソンはコンビニなのにいい匂いがする

入った瞬間、ベーカリーのような匂いがしました。

今までコンビニに入っておいしそうなパンの匂いがした記憶がないので、びっくりです。

さすが、ナチュラルなローソン。

店舗は小さめですが、普段コンビニで見慣れない商品が色々陳列されていました。

特にお菓子やレトルト、パン類は初めてみるものが多かったです。

ただ、おにぎりの棚を見る限り、普通のローソンと同じ添加物がたくさん入っている商品が一杯ありました。

ナチュラルローソンだからと言って、添加物ゼロではないようです。

グルテンフリーパンの様な商品はあるけれど

グルテンフリーのパンを求めて、パンコーナーを目指します。

目立つところに「大豆粉のパンケーキ」があったので、「これだ!」と喜んだのも束の間、がっつり小麦粉が入っていました。

残念。

次に「とうふドーナツ」なるものを発見したので「これか?」と思ったら、こちらもグルテンフリーではありませんでした。

再度残念。

何となく小麦不使用を匂わせるパンはあるものの、どれもグルテンフリーパンではありませんでした。

ぬか喜びばかりだと疲れるので、お店の人に直接聞くことにしました。

グルテンフリーという言葉さえ知らなかった

若い店員さんは「グルテンフリー」という言葉さえ知りませんでした。

確認してもらった結果、こちらの店舗ではグルテンフリーパンは取り扱っていない、とのことでしたが、グルテンフリーの認識度が低いのが少し悲しかったです。

マクロビコーナーはあったので、グルテンフリーがもう少し普及したら、専門コーナーを是非作ってもらえたらなと思います。

とりあえず、今回訪問したナチュラルローソンでは収穫ゼロだったので、お目当ての商品がある場合は店舗に確認してから行った方がいいかもしれないですね。

まとめ

コンビニでグルテンフリーが買えたら便利だなと思ったのですが、値段はかなり高い様です。

公式サイトを見ると、小さな玄米パンが250円とあるので、私には普段買い出来るお値段ではないのが残念。

海外のようにお手頃な値段で、身近なお店で、グルテンフリーのものが買える日は来るのか。

道は長そうですが、気長に地道に、グルテンフリーのアピールをしながらその日を待ちたいと思います。