ぐるふりらいふ

グルテンフリー同盟会本部

家事時短で時間を有効活用!掃除のコツは掃除機選びと掃除しやすい部屋づくり

我が家には喘息とほこりアレルギー持ちがいます。

そのため掃除をサボるわけにもいかず、以前は狭い散らかった部屋の中、後ろにキャニスターを引きながらイヤイヤ掃除をしていました。

面倒くさがりの私にとって、掃除機を取り出すのも、コードをコンセントにつなぐのも、後ろのキャニスターが部屋のあちこちにガツンガツンとぶつかるのもストレス。

でも今はそのストレスも大分軽減され、以前よりもきれいな部屋を保てています。

我が家が掃除を楽にするために行った工夫とは?

掃除のしやすい部屋を作る

床に置いてある物を動かして掃除機をかけるのが面倒だったため、極力床に物を置かない様にしました。

そして、日頃から要らないものは処分して総量を減らすようにしています。

ミニマリストのインテリアが理想ですが、残念ながら家族がいるとなかなか実践できません。

それでも意識するだけでも違うと思うので、モノを買いたくなったら掃除と管理の面倒さを想像して、一旦立ちどまるようにしています。

自分にとって使いやすい掃除機を選ぶ

掃除機には、大きく分けてキャニスター型とスティック型の2種類があります。

キャニスターというのは犬のお散歩よろしく、車輪がついた掃除機を後ろに転がしながら掃除するタイプのもの。

コンセントから電源を取っているため、吸引力が強いというのが売りです。

スティック型は片手で気軽に掃除ができる充電式の掃除機です。

本体全てを片手で支えるので少し重いですが、コードレスなのでさっとお掃除ができる手軽さが魅力です。

以前のキャニスター型掃除機がストレスだった我が家では、引っ越しを機にダイソンのスティック型を購入しました。

コードレスのデメリットと言われていた吸引力ですが、さすがはダイソン、前のキャニスタータイプより吸います。

問題は掃除中にバッテリーが切れることがあることですが、他の家事のタイミングを調整することでうまく回せているので、致命的ではないです。

自動お掃除ロボットも検討する

私は洗濯同様、掃除機掛けも嫌いなので、我が家では自動掃除機とスティック型掃除機の両方を使っています。

平日のお掃除はロボットに任せて、週末に細かいところのお掃除をスティックダイソンでします。

ただ、お掃除ロボットの難点は値段が高いところと、しょっちゅうどこかで立ち往生してしまうところ。

押し入れの中やお風呂場で夜発見されることがあったり、細いケーブルや洗面所の足ふきマットに絡まって身動き取れなくなっていることもあります。

f:id:yonekichism:20170919060316j:plain

それでも帰ってきたときにラグにきれいな掃除機の跡がついているのを見ると少し幸せになります。

我が家はロボット掃除機もDyson社製を使っています。

かなり高いので迷いましたが、スティック型掃除機でダイソン信者になってしまったので、数か月迷った末に購入。

高いだけあっていい仕事してくれますが、おかげで貯金がガクンと減りました...

まとめ

我が家は「時間」と「お金」を天秤にかけて、ロボット掃除機を買いました。

お財布はかなり寂しくなりましたが、時間の方が大事なので、我が家は買って大正解です。

  1. 物を減らして
  2. 自動掃除機が掃除した後に
  3. スティック型掃除機で仕上げをする

という方法で何とかそれなりの部屋を保てています。

上品でお洒落な空間にあこがれるものの、犬と子供がいるので理想の部屋には程遠い。

とりあえずは不潔にならないところから始めます。